2/3(金)2/10(金)2/17(金) 働く・働きたい女性のためのアサーティブ講座

【終了】自分も相手も尊重するコミュニケーション

上司や部下、先輩や後輩といった職場での人とのかかわり。
そして、仕事を続ける上で大切な、身近な人とのかかわり。
忙しい毎日で、悩みをかかえてしまうことも多いもの。

 

アサーティブネス(相手も自分も尊重するコミュニケーション)触れることで、
互いを認めあえる関係性を築くきっかけになるかもしれません。
仕事に活かすアサーティブネスを実践的に身につけませんか。

 

◆日時:2012年2月3日、10日、17日 金曜日 午後7時~9時 (3回連続講座)

第1回(2月3日)

「自分も相手も尊重するコミュニケーション」
 自分自身のコミュニケーションを振り返り、自分も相手も尊重しながら率直に自己表現する「アサーティブネス」の考え方と方法を学びます。

第2回 (2月10日)

「率直に頼んでみよう」
 仕事や家事・育児・介護などを一人で抱え込まないで、「率直に依頼する方法」と「自分の感情や考え」を伝える方法を学びます。

第3回(2月17日)

「NOと言って、はっきり断ってみよう」
 断りにくい状況や、NOの意思表示が難しい状況でも、相手を尊重しながら率直にNOと伝える実践に取り組みます。

◆講師 

矢田早苗さん(特定非営利活動法人アサーティブジャパン専属講師) 

◆対象

働く・働きたい女性で全回参加できる方(初めての方優先)

◆保育

5カ月から就学前まで

◆チラシ 
 世田谷区ホームページからご覧ください。
 <世田谷区>→<生活ガイド/暮らし・生活>→<おしらせ>

 

 

【講師プロフィール】

矢田早苗さん

特定非営利活動法人アサーティブジャパン専属講師。東京生まれ、埼玉育ち。長年、企業広報物の企画制作に携わる。2001年からアサーティブジャパンのWEBやニュースレターを担当し、現在はアサーティブジャパン専属講師として全国の自治体や企業などで研修を行っている。

<講師のメッセージ>

アサーティブであるということは、アナウンサーのようにすらすらと話せる、ということではなく、むしろ、不安あり、動揺あり、言いよどむこともあり、そういった自分を認めながらも、対等に相手に向き合おうとすることではないかと思っています。講座ではみなさんお等身大のスタートを応援させていただきます。お会いできるのを楽しみにしています。
(出典:アサーティブジャパンのHPより/www.assertive.org

講座のご報告

参加者の皆さまからのメッセージ(「ご感想・学んだこと・印象にのこったこと」)

・みんなに前回学んだことの実践した感想をきいたが、今まで自分が気がつかなかったことに、気がついてよかった。自分が見過ごした点を発見できた。

・②準備する事 ← ①自覚すること
     ↓
 ③振り返る事
 自分にごほうびをあげつつ、トレーニングを続けたいと思います。

・アサーションの4つの柱に照らして考えること。
 常に「的をしぼる」ということを意識したいと思います。
 「伝えるポイント」は身につけたいです。

・自分にも誠実でいたいと思いました。口癖を直していき、良いコミュニケーションをしたいと思います。

・自分にごほうびをあげて良いんだ!!そう思えたこと。

・4つの柱のうち、「誠実、自己責任」がとても気に入りました。心の持ち方が、話し方や態度にあらわれているんですね。ロールプレイをして、的をしぼったり、相手への理解や気持ちを言葉にできて、とても気持ちよかったです。この気持ちよさが、コミュニケーションを通じて、相手にも伝わっていくといいなと思います。

・週を追うごとに、少しだけ、成長できていることを感じました。忘れてしまわないように、行きつ戻りつしつつ、続けていけたら良いと思っています。

・充実した3日間でした。誠実、率直、対等、自己責任の4つの柱を大切にしていきたいです。

・断る事を今まで出来なかったけど、今回勉強したから、①言い出す時の気持ち と ②理由となる気持ちを、的をしぼって話す事を学んだので、明日からがんばって実行していきたい。

・相手に対する気持ちを率直に伝えることを学べた。

・実生活で、行動できるように1つ1つ実践してみようと思いました。つい忘れて、いつもの生活に戻ってしまうので、自分へのごほうびで、思い出したいと思います。

・客観的に言うこと、がとても難しかった。話すことは自分の考えを伝える=主観でないと相手に伝わらない と思っていたので、イヤミなく、押しつけがましくなく、客観的に言うスキルは今後も意識して習得したい。

・レジュメがわかりやすく、今後参考にきっとなります。

・自分のタイプを考えるきっかけになったと思います。又、多くの方の話し方をきくことができ、勉強になりました。又、自分だけではなく相手の方の立場 気持ちを考えようと思いました。自分の話し方のクセを話してくれたことは助かりました。

・アサーティブの本を読んだことがあったのですが、実際に講座に参加させていただいて、理解が深まりました。特にロールプレイをやってみて、自分の話しかたのくせを知ることができました。普段ない経験だったので、新鮮でした。

 

この他にも多数のメッセージをいただきました。誠にありがとうございました。