7/30(月)8/5(月)8/13(月) 暮らしのなかのアサーティブ・トレーニング

【終了】「自分の気持ちや考えを率直に伝えたい」女性のための講座です

  • 会期:2012年7月13日(金) ~2012年8月13日(月)
  • 時間: 10:00~12:00
  • 人数: 20人
  • 参加費: 無料
 
私たちは、毎日、職場・家庭・地域などで、たくさんの人と話します。
そんな会話の中に、こんなこと言ったら相手にどう思われるかと不安になったり、
自分ばかり我慢しているようで不満に思ったりすること ありませんか。
言いたいことを相手に上手に伝えるための、ちょっとしたヒントを学びます。
この講座では、簡単な役割劇も取り入れながら進めていきます。
初めての方大歓迎です。
自分に心地よい自己表現の方法を探しませんか。
 
 

◆日時  2012年7月30日、8月6日、13日 月曜日 10:00~12:00 (3回連続講座)

◆講師  小柳茂子さん(相模女子大学教授、フェミニストセラピィ“なかま”カウンセラー)

◆対象  女性(全3回参加できる方)

◆保育  あり(5カ月~就学前まで)    

◆チラシ 
 世田谷区ホームページからご覧ください。
 <世田谷区>→<生活ガイド/暮らし・生活>→<おしらせ>


◆講師プロフィール◆

小柳茂子さん
相模女子大学人間社会学部教授。
認定フェミニスト・カウンセラー、臨床心理士。フェミニストセラピィ“なかま”カウンセラー。フェミニスト・カウンセラーとして、個人カウンセリング、グループカウンセリング、自己表現トレーニングに携わり、女性のための自己発見・啓発のための講座や研修の講師を務める。また、フェミニスト・カウンセラーの養成、相談員のアドバイザー、女性のための支援活動に従事。
 
著作に「女性のメンタルヘルスの地平」コモンズ2005、「アサーティブトレーニングBook-I’m OK.You’re OK な人間関係のために」新水社 2008 他。
 
フェミニストセラピィ“なかま”とは
日本初の民間開業のフェミニストカウンセリングルームとして1980年に創設し、従来の「女らしさ」「母親らしさ」に違和感を持ち、悩みを抱える女性に、心理的な支援を行ってきた。個人カウンセリング、グループカウンセリングのほか、カウンセラー養成等の講座の企画、運営を行い、子育て、虐待、仕事、介護、セクシュアリティ、女性への暴力(ドメスティック・バイオレンス、セクシュアルハラスメント等)など、クライアントの「(女性)の生き方」について総合的に取り組んでいる。
 
 
☆★☆昨年度参加者のメッセージ(感想)☆★☆
 
・自分の気持ちを見つけること。相手の気持ちをその人だったらどう思うか(自分がどう思うのかではなく)を考えることが大切だと思いました。
 
・参加型スタイルで、様々な方のご意見を伺えたことで、自分とは違う感じ方や考え方の人がいらっしゃることがわかりました。また、年齢も幅広かったので、普段とは違う刺激がありました。先生の真摯なご姿勢にも学ばされました。
 
・実践的だった。ロールプレイは、自分が相手の立場に立って見えたので、自分の立場だけでなく、相手の立場に立って見るのがまず課題だと思いました。