3/14(木) シネマdeりらっくす 「書道ガールズ!!」上映会

【終了】ゆったりした気分で映画を観たい・・・

今年度最後の「シネマdeりらっくす」は、「書道ガールズ!!わたしたちの甲子園」を上映します。

高校生が書道で町おこしをした実話をもとにした映画です。
保育もありますが、お子さんと一緒の鑑賞もOKです。
下北沢のらぷらすで、春に向かって、元気になれる映画をみませんか。
 
◆日時:3月14日(木) 午後1時30分~3時40分
◆対象:女性
◆参加費:無料
◆保育:5か月~就学前まで。(先着5人 2月28日(木)締め切り)
◆会場:世田谷区立男女共同参画センターらぷらす 研修室3・4
 
【あらすじ】
愛媛県四国中央市。ここは、紙の生産高日本一を誇る、紙の町。しかし、折からの不況の影響で、まちは活気を失っていた。里子たちの所属る四国中央高校の書道部に臨時顧問として池澤が赴任してくる。池澤は、里子たちに書道を教える気は全くない様子。相容れない先生と部員たちだったが、ある日、校庭で紙に向かう池澤が、音楽のリズムに合わせ大きな字で半紙に流れるように字を書いていた。その迫真のパフォーマンスを目の当たりにした里子たちは、大好きな自分たちの町に活気を取り戻させようと、“書道パフォーマンス甲子園”を商店街でやることを思いつく。当日、一丸となって挑む里子たち。書道への本気の思い、まちに対するひたむきな思いが、ステージを包み込み、ある軌跡を起こそうとしていた・・・。
 
【解説】
大きな紙の上で、音楽にあわせてダンスなど身体全体を使いながら魅せる書道を行い、書の腕とパフォーマンスを競い合う、”書道パフォーマンス甲子園”。“紙の町”愛媛県四国中央市で開催され、いまや全国規模のイベントに発展した同大会の誕生に秘められた女子高校生たちの感動の実話を基に描く青春ストーリー。何かに、がむしゃらに、一生懸命になれることの素晴らしさ。本作品に込められているのは、すべての世代の人に向けた、そんなポジティブなメッセージ。観たら、「明日も頑張ろう」と元気になれる映画です。
 
【制作】
監督 猪俣隆一  
キャスト 成海璃子、山下リオ、桜庭ななみ、宮崎美子、金子ノブアキ