新着図書

らぷらすでは、男女共同参画社会・ジェンダー関係を中心に、図書資料を収集しています。
新着資料をご紹介します。

『本当は結婚したくないのだ症候群』 北条かや 著 青春出版社

『本当は結婚したくないのだ症候群』 北条かや 著 青春出版社

結婚したい、したくない、しない・・・・・・結婚に対する距離感・意識はさまざまだ。結婚が必ずしも幸せを運んでくるわけではないし、しない方が幸福感を感じられる場合もある。一方で、友だちの幸せそうな話を聞くと、憧れを感じたりする。迷いのいっぱい詰まった独身女性たちを取材した著者が、「結婚したい」という願望の正体に迫る一冊。

『君たちはどう働くか』 今野晴貴 著 晧星社

『君たちはどう働くか』 今野晴貴 著 晧星社

ベストセラー『ブラック企業』の著者、今野晴貴(NPO法人POSSE代表)が、「どこでバイトをすればいいのか」「どこまでがんばるべきか」「働き出す前になにを知っておけばいいのか」、若い世代に向けて労働契約法などを通してわかりやすく解説する。大人が読んでも勉強になる。

『平成の家族と食』 品田知美 編 野田潤・畠山洋輔 著 晶文社

『平成の家族と食』 品田知美 編 野田潤・畠山洋輔 著 晶文社

「あなたはきょう目覚めてからどんな食べ物を口にしただろうか」冒頭のこの言葉から、食について、家族について、どれほど意識を持って日々を過ごしているか、考えさせられる。膨大なデータから、それぞれの家族や健康や働き方に対する思いや食卓の姿、ひいては社会のありようが浮かんでくる。終章のタイトルのように「家族と食はどこへむかうのか」を考えたい。

『何がいいかなんて終わってみないとわかりません。』 ミゾイキクコ 著 KADOKAWA

『何がいいかなんて終わってみないとわかりません。』 ミゾイキクコ 著 KADOKAWA

81歳の著者がツイートを始めたのは2010年。戦争中の経験や人の生き方、男と女についての呟きは「戦争中に物心ついていたこと」「女性であること」が土台である。その呟きをまとめた本書は、名言の数々が温かく、人生の真実がたくさん詰まっている。心に迷いがある時にひも解けば、きっと人生の道しるべとなってくれる。

 

『社会の中で居場所をつくる』 東田直樹/山登敬之 著 ビッグイシュー日本

『社会の中で居場所をつくる』 東田直樹/山登敬之 著 ビッグイシュー日本

自閉症作家と精神科医による、雑誌掲載された往復書簡。「現在の診断そのものが、自閉症ではない人たちの常識を基準にしています。…(中略)…それは、本当に間違っていないのでしょうか」自閉症のイメージにとらわれることなく行き方を模索している“東田くん”の言葉の数々は、“山登先生”の自閉症観を覆していく。